SANTASTIC!

こちらのページから注文履歴や貯まったお買い物ポイントなどの確認、配送先などお客様情報の変更を行えます。
メンバー登録しておくとご注文の際に住所などが自動で入力されるのでお買い物がグッと楽に!!
さらに、お買い物ポイントも貯まるのでポイントを使った割引も受けられます。
メンバー登録はこちらか右の”NEW MEMBER”から。無料です!

メンバー登録を行うと、ご注文の際に住所などが自動で入力されるのでお買い物がグッと楽に!!
さらに、お買い物ポイントも貯まるのでポイントを使った割引も受けられます。
ご登録はこちらから。無料です!

アイテムをチェックして、気になったアイテムはどんどん”お気に入り”に追加しちゃいましょう。
お気に入りに登録しておくと、後で「気になってたアイテムなんだっけなぁ?」なんて迷うこともありません。
メンバー登録しておくと、保存されたアイテムはいつでも確認してあとで購入することが出来ます。

メールマガジンを登録しておくと、新作入荷やセールなどのお得情報をメールで受け取れます。
登録は簡単、こちらのページでメールアドレスを入力してワンクリックで完了。


音楽・ガジェット・食・遊びなど、ブログでは三太さんやスタッフの気になってるものや日常を垣間見れます!

ほぼ毎週のようにリリースされる、季節にあったフレッシュなSANTASTIC!のアイテムをご覧下さい!

SANTASTIC!の最新ニュースを分かりやすくアイコンでまとめてお届け!

SANTASTIC!のアイテムを着用したメンズ・レディースのモデルカットを大量に公開しております!

SANTASTIC!の新商品発売日やイベント情報等をいち早くカレンダーでお届け!

SANTASTIC!の新商品情報をはじめ、三太さんのスペシャルなトーク等が観れちゃうSANTASTIC!のYouTube番組です!ほぼ毎週更新!

渋谷のヘッドショップや全国にあるSANTASTIC!取扱店の場所や連絡先はこちらから!

漫画家 井上三太の情報をいち早くお届け!単行本や連載、サイン会情報等を発信しております!
三太さんの過去の作品アーカイブもご覧になれます。

TwitterやInstagramをはじめ、三太さん・SANTASTIC!のSNS情報はこちらから!

SANTASTIC!に対して何か聞きたいことがあったらこちらからお問い合わせください!

SUGA-THING

2016年4月15日金曜日

僕の好きな車たち イタリア車編(旧車)

どうもSuga-Thingです。

どうしてもイタリア車っていうと高級車なイメージっすよね笑
フェラーリ・ランボルギーニ・マセラッティってな感じです。

まぁ〜カッコいいし好きなんですけど、僕の趣味はクラシックwってことで高級車にはあまり触れません笑

ってなわけで僕の好きな車たち イタリア車編でも書いちゃおうと思います。

では早速1台目〜



Dino 246 です。
高級車は書かないなんて言っておきながら書いちゃうんですよねw
でもこの子だけは語らずにはいられないでしょ。
フェラーリなのにフェラーリじゃない!...意味分かんないですよねw
この車のエンジンを設計したのはエンツォ・フェラーリではなく、エンツォ・フェラーリの長男
で1956年に病死したアルフレード・フェラーリ(愛称:ディーノ)が設計したエンジンV6エンジンを積んでいるんですよ。
そのためフェラーリからではなく「ディーノ」というメーカーの車となっております。
創設者のエンツォはV6クラスの小型車は全てディーノから販売するつもりだったとも言われていて、アルフレードが亡くなっていなければ、現在はディーノというメーカーがあったのかもしれません.....

調べてみるとお父さんの愛が詰まった車なんですよw

それでは2台目〜



アルファロメオ ジュリア GTAです。
実は僕、この車に乗ったことがあるんですよw
乾いたいい音で、とても気持ちのいい走りをする車でした。
昔のレースシーンでロータスのエランとデットヒートを繰り広げた名車です。
これもまたカッコいい!

それでは3台目〜



フィアット f500 チンクェチェントです。
そうです!ルパンの車です。
僕がVW Beetleに乗っていた時にルパンの車でぁ〜とか言われましたが、こっちが本物です。
僕のイメージでは映画「グラン・ブルー」の中でジャンレノが乗っていたのがとても強烈に残っています。
イタリアの片田舎の海岸沿いがとても似合う一台です。
最近はその人気からモデルチェンジされて再販されたモデルをよく見かけるようになりました。

最後にちょっと番外編〜



デトマソ パンテーラです。
イタリアがデザインしたボディーにアメリカのビッグエンジンを搭載した化け物みたいな車です。
この車は昔、神奈川県にある車屋さんに置いてあったのですが、とてつもないキャッチコピーがついていました。
「とんでもないじゃじゃ馬です。あなたに乗りこなせますか?」
こんな事が書いてあったら挑戦してみたくなりません?
まぁ〜車自体が高すぎて挑戦できませんでしたけど笑

またまた話が長くなってしまいました。

この前の日本車編がとても好評だったのでまだ書ききれていない日本車も今度紹介したいと思っておりますw
って感じでまた来週〜

Have a nice weekend!